MESSAGE

代表挨拶

RAYMAY FUJIIRE-MODEL 2020②

当社は明治23年(1890年)熊本市新町で、和洋紙・欧米文具の紺のれんを掲げてスタートしました。爾来紙、文具、事務機と取扱商材の幅を広げながら、 商社として、またレイメイブランドの文具メーカーとして歴史を重ねて参りました。

そして、平成元年(1989年)関係会社を合併し、社名を「レイメイ藤井」としてCI(コーポレート・アイデンティティ)作業に取り組み、現在のコーポレートマークを作りました。 「レイメイ」は「黎明 ─ 夜明けの清新な気持ち」で社業に取り組む心意気を表現し、昭和初期より使用している商標であります。

現在は商社としての拠点網は福岡本社を中心にほぼ九州全域をカバーすると同時に、文具メーカーとしても東京本社を中心に全国に拠点を展開しています。 さらに、平成23年10月には香港オフィスを開設し、アジア市場における業容拡大に注力しております。

令和元年(2019年)新たに中期経営計画「RE-MODEL 2020」を策定しましたが、コロナ禍を経て計画をアップデートし、2021年7月「RE-MODEL 2020②」としてリスタートさせました。それぞれの事業において必要なリモデルを進め、引き続き会社全体として着実に成長していきたいと思います。

代表取締役社長藤井 章生