レザーグッズレイメイストア株式会社レイメイ藤井

KUM

 
ロゴ

KUMの哲学「創造力・品質・伝統」

KUM(クム)社は、1919年にドイツで設立された削り器や定規などを製造するメーカーです。

社名のKUMとはドイツ語で”Kunststoff&Metal”「プラスチックと金属」を意味し、その名の通り金属とプラスチックの高い加工技術により、全ての商品を自社で製造しています。KUM削り器の最大の特長は精度とブレード(刃)の品質にあり、すぐれた耐久性を実現しています。

また、品質以外でもバラエティーなファンシーラインの削り器は、KUMの魅力の一つとなっており、今日では世界120カ国以上に輸出するトップブランドとして、その品質とデザイン性が認められています。

高品質な4つの理由

良く削れる硬い刃

刃

刃は高炭素鋼(ハイカーボンスチール)で出来ており、一般的に使用されるステンレススチールに比べて非常に硬い素材です。また、錆防止のために研摩や超音波洗浄の後、オイルコーティングが施されているので、錆にくく耐久性に優れています。

 

木の繊維に沿う湾曲した刃

刃

刃は平ではなく湾曲しています。これは刃を止めているネジに一定の上向きの圧力をかけ、ネジの緩みを防ぎます。また、削る際に湾曲した刃が上下し、木の繊維に沿った動きをする事で、削る際の摩擦は軽減され、削りやすくなります。

鉛筆の削りやすさの秘密

ガイド

削り穴手前に挿入ガイドがあり、少し長めに作られています。鉛筆が回転する際、穴の円錐形による支えに加え、そのガイドが鉛筆軸を覆うことで、鉛筆は垂直を保ちやすくなり、スムーズに削れます。また、円錐形の内側表面には、摩擦を軽減するためヘアライン加工が施されています。

 

こだわりをもって厳選された素材

素材

精密な金属削り器本体にはマグネシウム合金が使用されており、とても軽く削りにも耐えうる十分な耐久性を兼ね備えています。また、プラスチック製削り器には、高品質なポリスチレンだけを使用しているため、耐久性に優れています。

KUM削り器の種類

鉛筆削り器

ガイド

KUM削り器は、1穴タイプと2穴タイプに分けられます。

 

芯研器

素材

芯研器は2穴タイプと1穴タイプがあり、1穴タイプはφ2mm用。2穴タイプは白がφ2mm、赤がφ3.15mmの芯を削ることが出来ます。

スタンダード(φ8mm)
先丸タイプ(φ8mm)
芯先を丸く仕上げることが出来ます。色鉛筆などに適しています。
ロングタイプ(φ8mm)
スタンダードに比べ、削り器穴が深いため、芯を長く削ることができます。
太軸タイプ(φ11mm)
芯研器(φ2mm/φ3.15mm)
会社概要お問い合わせサイトマップ

スクール&キャンパス
プライバシーポリシー | ステイショナリー事業部
Copyright © 2008- Raymay Fujii. All rights reserved.